タニウムとGoogle Cloudセキュリティによるプロアクティブな脅威ハンティング

タニウムとGoogle Cloudセキュリティを使ったプロアクティブな脅威ハンティングは、企業に様々なメリットをもたらします。このライブウェビナーを通じて、その詳細をぜひご確認ください。

2021年10月27日(水) at 14:00-15:00

タニウムとGoogle Cloudセキュリティによるプロアクティブな脅威ハンティング

市場では現在、絶えず発生するサイバー攻撃を効果的に阻止するためのさまざまなセキュリティツールが提供されています。しかしながら、高度な手段を身に着けたハッカーたちの多くはこれらのツールを熟知しており、場合によっては最新のツールを悪用して新たな手段を編み出しています。結果として、サイバー攻撃の多くが検知されていないにもかかわらず、セキュリティは万全だと安心してしまっているのが実情です。では、こうした状況を打開するためには、どのような手立てが残されているのでしょうか?
これからの企業には、大規模なデータを迅速に精査し、脅威を特定して修復できるインテリジェントかつシームレスなアプローチ、つまりプロアクティブな脅威ハンティングが不可欠です。
タニウムとGoogle Cloudセキュリティを使ったプロアクティブな脅威ハンティングは、企業に以下のようなメリットをもたらします。このライブウェビナーを通じて、その詳細をぜひご確認ください。

  • 貴社のIT環境に潜む脆弱性を可視化できます
  • 大規模なデータを優れたコスト効率で保存できます
  • 大規模なデータをわずか数秒で精査できます

<開催日時>
2021年10月27日(水)14:00-15:00

<共催>
タニウム合同会社
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社

<会場>
オンライン形式で開催いたします。
オンライン上で、ご参加いただくためのURLは別途ご連絡いたします。

<講師>
坂本 祐一
タニウム合同会社
ディレクターテクニカルアカウントマネージメント

ネットワーク・セキュリティ企業にて、多岐にわたるジャンルのセキュリティ製品を担当するエンジニアとして活動。現在はタニウム合同会社のテクニカルアカウントマネージャーとして、タニウムプラットフォームを用いたお客様課題の解決に注力している。

谷本 崇
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社

Sun Microsystemsでエンタープライズ営業を経験した後、ロイターでMarket Data Systemのプロダクト担当、DWHのスタートアップ企業Netezzaの日本での立ち上げに参画した後、IBMでアナリティクス製品の製品担当となる。現在はGoogle Cloudにて、Digital Native企業の営業を担当している。

坂本 祐一
タニウム合同会社,ディレクターテクニカルアカウントマネージメント
谷本 崇
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社

<参加料>
無料(ご招待制)

<お問い合わせ>
タニウム合同会社
マーケティング本部:[email protected]
※Webセミナー内容は変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


お申し込みフォーム

必要項目をフォームにご入力いただき、送信してください。